「使い勝手の良さ」で選ぶ

ここで紹介するカードは、使い勝手に優れていて、いつでもどこでも利用に困ることなく安心して利用できるカードです。

普段使いを考えるとVISA、Mastercard、JCBなど、どのお店でも利用できる国際ブランドを持つカードの方が良いでしょう。 また、初めてゴールドカードを持ちたいと思っている方にもオススメです。

NO.1 SuMi TRUST CLUB ゴールドカード

総合的なバランスで「最強のゴールドカード」の呼び声も高いSuMi TRUST CLUB ゴールドカードです。

VISAかMastercardが選択でき、利用限度額も80万円~125万円と必要十分な金額が設定されておりますので普段の生活で「使えない」などと困ることはほぼ無いと思われます。

また、このカードに付帯する保険も、国内外旅行傷害保険は最高7,000万円と最高レベルで申し分もありません。元の発行元は世界のシティバンク系列のシティカードジャパン株式会社でしたが、2015年12月14日より三井住友トラストクラブ株式会社に事業の完全譲渡をしています。

審査基準も「25歳以上 年収400万円以上」と比較的低く設定されておりますのでどんな方にもオススメできる、当サイトイチオシのゴールドカードです。 毎月の人気ランキングでも常に1位、2位にランクインする絶大な人気を誇るカードでもあります。

SuMi TRUST CLUB ゴールドカードの詳細情報はこちら

NO.2 三井住友VISAゴールドカード

国内での知名度は圧倒的ナンバーワンでしょう。中山エミリさんの「三井♪住友♪ビザカード♪」のCM効果もあって名前くらいは聞いたことがある人が多いのではないでしょうか?

「三井住友」という冠が付いておりますので、安心感も抜群で、こちらもカード名称にあるとおりVISAの選択が可能(実は、Mastercardも選択できるんですよ(笑))ですから、普段使いに問題が出ることは無いでしょう。

また、このカードの最大の特徴は「マイペイすリボ」を選択すると年会費が半額になるという特典があることです。日常生活を考えるとポイント制度が充実しているのはうれしいですね。

審査基準は「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」と、年齢の部分がやや高めに設定されていますが、条件をクリアするのであれば確実にオススメできる一枚です。

三井住友VISAゴールドカードの詳細情報はこちら

NO.3 JCBゴールドカード

日本国内でJCBで決済できないところは皆無とさえ言われるほど国内での利用に強いのがJCBカードです。地方にいくと稀にVISA、Mastercardでのお支払に対応していないところがあったりするのですが、JCBで決済できないところはほぼ確実にありません。

この事実からも、普段使用するのにJCBカードを一枚持っているのはとても良いと思います。

また、このJCBゴールドカードは、付帯する保険、サービスが旅行などの一時的なものだけでなく、日常生活にまでおよび、サービスの手厚さが感じられます。そして、サポートデスクの対応の良さ、きめ細かさに定評があり、利用者の満足度が高いことでも有名です。

審査基準は「原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。」と年齢制限が低く設定されておりますので、比較的取得しやすいところもポイントが高いです。

JCBゴールドカードの詳細情報はこちら

当サイト人気ランキング

第1位オススメ 第2位オススメ 第3位 第4位オススメ
ダイナースクラブカード
シティ ゴールドカード
三井住友VISA ゴールドカード
ANAダイナースカード
ダイナースクラブカード
ステータス性圧倒的NO1
本物が分かる人に大人気
シティ ゴールドカード
総合バランスで人気NO1
初めてのカードに最適
三井住友VISAゴールドカード
ポイント還元率抜群。
知名度もあり安心感高い
ANAダイナースカード
マイルを貯めたいならコレ!
人気急上昇の注目カード

ゴールドカード人気ランキングはこちら

ゴールドカードMAX
ENGINEERING by JAGLASS