20代から取得可能なヤングゴールドカード

かつて、ゴールドカードを取得するには「年齢30歳以上、年収500万円」という厳しい審査基準をクリアする必要がありました。

その時代、特に銀行系カード会社が将来のエグゼクティブ候補を若い時から顧客として囲い込むためのサービスとして「20代から取得可能なゴールドカード」という触れ込みでスタートしたのがこのヤングゴールドなのです。

今では、SuMi TRUST CLUB ゴールドカード(25歳以上)やJCBゴールドカード(20歳から取得可能!)のように、年齢制限も20代まで緩和されたものが多くありますので、ヤングゴールドだけが20代から取得できるゴールドカードではありませんが、20代で収入もそれなりにある方にとっては魅力的なカードだと思います。

また、「ゴールドカードは年会費が高いからなぁ・・」と考えいるヤングエグゼクティブの方にも年会費が安めに設定されたヤングゴールドは魅力的な選択肢の一つだと思います。

ヤングゴールドカードの主な特徴は以下の通りです。

・20代から取得可能である
・ゴールドカードに比べて年会費が格段に安く設定されている
・付帯するサービス内容はゴールドカードと比べてもほぼ同等である
・審査基準が年齢を含め、比較的低く設定されている

ここでは、こんなヤングゴールドカードをピックアップして紹介したいと思います。

サービス充実 シティ エリートカード

シティ エリートカードは、当サイト一番人気のSuMi TRUST CLUB ゴールドカードのヤング版です。

このカードはとにかく付帯するサービスが充実しており、25歳未満の方にはイチオシのカードです。

年会費は3,000円(税抜)とSuMi TRUST CLUB ゴールドカードの1/4でありながら付帯するサービスは上位クラスのSuMi TRUST CLUB ゴールドカードとほぼ同様の内容です。

無料で利用できる空港ラウンジは国内24空港・31ヶ所、トラベラーズチェックの手数料が無料、国内外の旅行保険も最大3,000万円、ショッピング保険年間最高200万円、取得したポイントに有効期限なし、などの充実ぶりです。

旅行保険保障額はSuMi TRUST CLUB ゴールドカードの最高7,000万円には及びませんが、その他の充実したサービス内容は他のゴールドカードと比較しても遜色はありません。

また、このカードの審査基準は「原則、22歳以上で年収200万以上の方」となっており、多くのかたが取得できる基準もうれしいポイントです。 

年会費 利用限度額 海外旅行保険 国際ブランド
3,000円+税 30万円~100万円 最高3,000万円 VISAmastercard
審査基準 原則、22歳以上で年収200万以上の方

自動的にゴールドへ! 三井住友VISAヤングゴールドカード20s

三井住友VISAカードのヤングゴールドカードです。
このカードの最大の特徴は「満30歳になった後、最初のカード更新時よりゴールドカードにランクアップする」事です。

20代のうちにこのカードを取得しておけば、30歳になれば自動的にゴールドへ移行しますので、将来的に三井住友VISAゴールドが欲しい方にはメリットの大きいカードです。

付帯するサービスは、国内外旅行保険の保障額が最大3,000万円、ショッピング保険200万円と他のヤングゴールドと比較しても十分な内容ではないでしょうか。
但し、このカードには残念ながら空港の無料ラウンジ利用という特典がついておりません。

もし、空港のラウンジを利用したいという方は、シティ エリートやNICOSプレミオを選択された方が良いでしょう。

将来、三井住友VISAゴールドカードを狙っている方には、かなりオススメですよ。

年会費 利用限度額 海外旅行保険 国際ブランド
3,000円+税 50万円~100万円 3000万円 VISAmastercard
審査基準 満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方

当サイト人気ランキング

第1位オススメ 第2位オススメ 第3位 第4位オススメ
ダイナースクラブカード
シティ ゴールドカード
三井住友VISA ゴールドカード
ANAダイナースカード
ダイナースクラブカード
ステータス性圧倒的NO1
本物が分かる人に大人気
シティ ゴールドカード
総合バランスで人気NO1
初めてのカードに最適
三井住友VISAゴールドカード
ポイント還元率抜群。
知名度もあり安心感高い
ANAダイナースカード
マイルを貯めたいならコレ!
人気急上昇の注目カード

ゴールドカード人気ランキングはこちら

ゴールドカードMAX
ENGINEERING by JAGLASS